生活スペースの広さから、旧来の木造アパートの良さが見直されている。広いスペースで快適な生活を。

アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります
Hot Entry
アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります

木造アパートの良さを見直そう

一人暮らしを始めたのは大学生からですが、当時は外観の良さからマンションタイプのワンルームを借りていました。学生用の典型的なワンルームマンションで、トイレと風呂はユニットタイプで、台所も一面の電気コンロをぎりぎり置けるくらいのスペースしかありませんでした。不便を感じながらも、当時は一人暮らしとはそういうもんだとあきらめていたものです。

ところが伝統的な木造アパートを借りてみると、同じワンルームでも広さがぜんぜん違うことにびっくりしました。ちょうど社会人になった一年目です。新しく賃貸物件を探そうと不動産屋さんを回っていたのですが、勧められたのが木造のアパートです。外観はお世辞にもきれいとは言い難いものでしたが、中の広さで即決しました。なんでも最近は使い勝手の良さから木造アパートが見直されているようですが、なるほどと納得できます。ワンルームマンションの窮屈な環境を思えばずいぶんと暮らしやすい印象です。もちろんマンションにはマンションの良さがあります。たとえばセキュリティなどはそうかもしれませんね。しかし生活スペースを優先させればアパートの方が優れていると思います。これから一人暮らしを始めるという人はぜひマンションだけでなくアパートも選択肢に入れてみてください。

関連情報