アパートは高齢者が住みやすい作りにしたら人気が高いと思います。下肢障害者の人もじっくり決めて下さい。

アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります
Hot Entry
アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります

アパート人に優しい物件

古いアパートはお年寄りが増えて障害者の方もいるので、もっとバリアフリーを考えた方がいいと思います。古いままの物件も多いので、手を加える必要があるという事です。盗難に遭わない様に玄関の鍵もきちんとして欲しいと思います。お年寄りが多く住んでいる地域は比較的安心だという事が分かりました。物件の側で見知らぬ人がいたら警戒する様にした方がいいです。誰か訪問した時にはドアチェーンをかけて出る様にして下さい。それぞれが自分の生活を守る様に気をつけましょう。就職が決まったら生活も安定するはずですので、部屋に帰ったら落ち着ける空間にして下さい。

下肢障害者は階段の上り下りがあったら、危ないので気をつける様にして下さい。そうしないと転んで落ちてしまう事になるかも分かりません。手すりをしっかり持って一段、一段ゆっくりと下りる様にします。下肢障害者の人は一階がベストですが、程度が軽かったらニ階でも大丈夫だと思います。それぞれがよく考えて家族の人がいたら、一緒に行って決める様にして下さい。健常者は障害者の事を理解しにくいですが。家族でしたらある程度は分かると思います。台所が高いと料理がしにくいので、決める前に高さを見ておく必要があります。

関連情報