ロフト付きのアパートはおすすめです。おしゃれで空間的な広がりのある部屋は、心にゆとりをもたらしてくれます。

アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります
Hot Entry
アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります

ロフト付きのアパートについて

アパートでの一人暮らしというと、せまい一部屋でベッドと机を置いて、もういっぱいいっぱいになっている、という方は多いのではないでしょうか。わたしも大学生のころ6畳の1Kという、せまいけれどまあ学生が住むには一般的な間取りの、アパートに住んでいました。ところがこのお部屋、ロフト付きだったため、狭さはさほど気にならず、むしろ開放感さえありました。

ロフトはわずか2畳半程度でしたが、一人広々と寝ることができ、ベッドを置く必要がないため、下のフロアは広々と活用することができました。おしゃれなインテリアを楽しむ余力が生まれます。ロフトへ続く階段は、少し場所を取りますが、かえって部屋の雰囲気作りに貢献してくれていました。天井は当然高めになるのですが、吹き抜けとまではいかなくても、同じような感覚の広がりを感じさせてくれました。ロフトには寝具を置いても、荷物を置くスペースがまだ残っており、かなり収納力があると思いました。荷物の多い方は、全部荷物スペースにするのもありだと思います。

ロフトが付いているだけで、同じ広さの間取りでも全然イメージが違ってくると感じました。空間があるだけで、生活にゆとりが生まれたのです。立体的な作りで、それだけでもおしゃれな雰囲気がするのですが、インテリアなどもスペースを活用してかなり楽しめました。最近はこうしたロフト付きのお部屋を、よく見かけるようになりました。素敵なロフト付きアパート、見つけてみてはいかがですか?