アパートの入居で気を付けるべきこととは、最初に契約書の細かい詰めをクドイくらいしっかりとやれということ

アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります
Hot Entry
アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります

アパートの入居で気を付けるべきこととは

ここでは建物の建築材料の如何に関わらず、最初から賃貸目的で建造されたすべての建物のことをアパートという定義で話を進めます。その賃貸目的の建物の入居で気を付けるべきこととは、最初に契約書の細かい詰めを行うということです。というのは日本の賃貸契約書というのは大概は不動産屋さんが代行作成しているのですが、その内容があまりにも薄すぎてあいまいになっているからです。そしてそれのためにいつの時代でも貸主と借主との間でトラブルを抱える原因を誘発しています。従ってこれを解消するためには契約書をクドイくらい事細かく記載解説する必要性があります。

その契約書の細かい詰めでありますが、それはまず普段の生活しようをしていると時に予期しない突発的なたとえば最初から備え付けられているエアコンやコンロや給湯器など機器類の故障に遭遇したりする可能性があります。その際にその修繕を巡っての手順と修繕代の責任分担はどうなるかについて詰めなければならないのです。またそれらの機器類はいつ購入されていつ修繕されたかの過去の履歴についても記載する必要があります。さらにそれだけではなくて、ドアの鍵についても確認ならびに記載をする必要があります。またゴミ出しについても物件によっては貸主が借主に深夜帯に出すなとかと揉めてるケースがありますが、ゴミ出しの保管庫は敷地内にあるか、そしてゴミ出しの時間帯についてもしっかりと確認する必要があります。もし敷地内に賃貸物件専用の保管庫がなかったりゴミ出しの時間帯が朝のわずかな間しかできないとすれば要警戒の対象です。なぜなら借主で生活している人の中にはいつも朝の限られた時間帯に出せる人ばかりではないからです。深夜労働者や早朝出勤者などはそれができない可能性が大きくなりますので、このままだと家の中にゴミがたまりすぎてという問題を抱えるからです。もちろんこれもゴミ出しの場所はどこでやるかそして出せる時間帯はいつなのかについてもしっかりと明記させる必要性があります。そして何よりも大切なのは入居前に写真を詳細に何枚もあちらこちら撮影して借主と貸主の双方で契約書に添付させて共有させておくということです。これで退去の際に揉める可能性を少なくさせることができるからです。