集合住宅の中にはマンションとアパートがあり、主に低層集合住宅であるアパートについて説明いたします。

アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります
Hot Entry
アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります

アパートの概要について

集合住宅はその規模に応じて、マンションとアパートに分けられます。明確な定義ではありませんが、3階建て以上の鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造の集合住宅はマンションと認識され、2階建て以下の木造、鉄骨造の集合住宅はアパートと認識されています。アパートの特徴としては、それぞれの住戸ごとに所有者はなく、丸ごと一棟を所有している者がいて、各居住者と賃借契約を結んでいるという形式がほとんどです。その点を考慮するとアパートは賃貸専用の住宅ということになります。

アパートの構造面に関しては、木造や鉄骨造であるため、防音や遮音性に劣る傾向があるので、注意が必要です。特に床や壁の仕様が簡素となっている物件があるため、隣の生活音などがトラブルに発展するケースは少なくありません。アパートを契約する場合には必ず床と壁にどのような防音・遮音対策を施しているかどうかを確認しておくことが大変重要です。

アパートのメリットとしては、その費用面にあります。住環境の良い地域としては比較的安い家賃で住むことが出来る点が、アパートのメリットとなります。家賃や管理費・共益費を合計しても、賃貸マンションよりも低コストな物件が多く、さらに駐車場も相場よりも安く借りられるケースが多いので、検討の際には把握しておきましょう。