集合住宅のひとつであるアパートについて、その概要と特徴、マンションとの違いについて説明いたします。

アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります
Hot Entry
アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります

アパートの概要と特徴について

日本の集合住宅は主にマンションとアパートに分けられ、明確な基準はありませんが、概ねマンションは3階建て以上の規模の集合住宅であり、アパートは2階建てまでの集合住宅であるというのが共通認識です。元々のアパートの意味としては、建物の内部を仕切って独立した住戸を備えた集合住宅であり、英語のapartmentを由来とした和製英語です。

また日本では、アパートは賃貸専用の住宅であるという認識が強く、アメリカでは日本のマンションのように、高級なイメージを持つapartmentとは異なります。構造面からも比較すると、マンションは鉄筋コンクリート造や、鉄骨鉄筋コンクリート造が主流となっているのに対して、マンションは木造や鉄骨造が主流となっています。

構造面の違いは、そのまま住環境の違いにも影響します。マンションでは騒音や耐震性に強く、床や壁がアパートの木造や鉄骨造と比較しても性能面で優位性があります。木造や鉄骨造の場合は上下階や隣接住戸間での騒音トラブルも少なくないので、注意が必要です。このように、アパートは構造面でマンションに劣る部分がありますが、鉄筋コンクリート造のアパートであれば住環境に問題はないので、物件選びの際には優先的に探してみることをおすすめします。

関連情報