保証人不要の賃貸アパートなら保証会社との契約で入居可能となり、フリーレントなどコスト的に有利な物件もあります。

アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります
Hot Entry
アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります

保証人なしで賃貸アパートに入居するには

アパートの入居に関しましても、基本的に入居審査があります。そこで重要な項目に連帯保証人などの項目がありますが、この保証人には収入のある血筋の者が最適となります。それが難しい場合でしたら保証人不要という条件でアパートを検索しますと、保証人を立てる必要がない物件を探せます。その賃貸アパートでは保証会社と契約することによって、保証会社が保証人となってくれるケースが一般的です。親は居ましても年金生活であるなど、保証人を立てることが難しい時代ですから、この条件の賃貸アパートを積極的に利用すると良いでしょう。

その保証会社との契約に際しましても当然審査はありますが、この審査では申し込みをした本人だけの審査ですから、きちんとした収入があれば通常は通る場合が多いと言えるでしょう。契約には契約料や手数料がありますが、現在ではインターネットが無償で使えるアパートもあります。そうした物件を選びますとトータルコストで判断した場合、あまり変わらないこともあります。コストを抑えるという選択肢でありましたら、一定期間の月の家賃が無料になるフリーレントのアパートを探すという方法もありますので、探し方次第ではとてもお得な賃貸アパートが見付かります。

関連情報