節税対策としてアパート経営はとても効果があり、賃貸開始後は管理や募集を委託していましても、チェックは大切です。

アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります
Hot Entry
アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります

節税対策としてのアパート経営とその後のチェック

土地の有効的活用手段としてアパートなど賃貸経営がありますが、これは賃貸運営の収入のメリットだけにあらず、固定資産税の軽減にも意義があります。小規模の住宅用地の土地でしたら、固定資産税算出のベースになる課税評価額が六分の一にまでになるというメリットがあります。都市計画税におきましても削減できますので、五年、十年と長期間で算出しますとかなりの節税に貢献してくれます。また既にアパートを経営されている方でありましたら、空き部屋への課題があるかも知れません。提携している不動産会社などに入居者の募集を依頼している場合でありましても、時折りその状況をチェックした方が良いでしょう。

例えば入居を募集しているアパートの物件がインターネットに出ている場合は、そのサイトを訪れることもその一つです。見栄えの良い画像で紹介されているかもとても重要です。人は第一印象でも影響されますから、明るい雰囲気の画像でない場合は掲載画像の変更を検討することも大切です。また、付随するエアコンなどの機器や、部屋の仕様説明に誤りはないかなども確認すると良いでしょう。利用者目線で自分の物件を見ることも、今後のアパート運営にもとても参考となるでしょう。

関連情報