大学に近いアパートを借りました。家賃が安いうえ、安心して暮らせる物件を紹介してもらい、とてもうれしかったです。

アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります
Hot Entry
アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります

初めてアパートで暮らしたときの思い出

私が生まれて初めてアパートで一人暮らしをしたのは、大学生の時です。当初は実家から大学に通っていたのですが、通学にかなり時間がかかってしまうということで、思い切って大学の近くにアパートを借りて、一人暮らしをするようになりました。わがままで一人暮らしを始めたため、家賃はできるだけバイト代でまかないたいと思ったのですが、学業がおろそかになってはいけないということで、家賃の半分は両親が支払ってくれていました。お部屋を借りようと思ったとき、母と一緒に不動産屋さんを訪れて、大学の近くにある物件を紹介してもらった記憶があります。

大学の近くには学生用にたくさんの物件があるということで、不動産屋さんはたくさんの物件を紹介してくれました。その中からいくつか見学に行って、女子大生でも安心して一人で暮らせるアパートを選びました。不動産屋さんのスタッフが女性だったこともあり、同じ女性の目線に立ってアパートを紹介してくれたので、とてもうれしかったことを良く覚えています。おかげさまで安い家賃で安心して暮らせるアパートを借りることができて、とてもよい大学生活を送ることができました。学業もバイトも仲間との時間も、このお部屋のおかげでたくさんの良い思い出ができました。