地震対策や老朽化対策で、公営のアパートのリフォームや改築が進み、新築並みの住居に入居することができています。

アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります
Hot Entry
アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります

公営のアパートのリフォームや新築が進んでいます。

地震対策や老朽化対策で、公営のアパートがリフォームや改築が進み、新築並みの住居に入居することができています。公営のアパートであれば、元々設定されている入居費が安く設定されているので、家計的に安心です。しかし、公営アパートといえば、数十年前に建設されたものが多く、古くて、せまいというイメージがあります。また、家族の状況や所得状況などの条件があって、済まざるを得ないと言う状況もあったと思います。

でも、あちこち見かける、新築マンションにも劣らないアパートの建物を見ることが増えてきました。同呂や駐車場が整備された、公営住宅だと言うことで、公営住宅のイメージをいい意味で崩してくれています。無理してローンを組み、資金を調達して公営アパートを出なくてもいいという状況です。大きな地震があったことや老朽化が進んで、新しい建築安全基準法ができ、その基準に満たない条件の物件を建て直す必要が出てきたからでしょう。

公営である以上、民間企業よりも早目に対策を立てたり、立て直したりして、対策をすすめているとうお手本を見せる意識が見えます。県民や市民の安全を守る場としては、とってもいいことだと思います。民間アパートも、これに準じて、改築や新築が進むといいと思います。

関連情報