アパートに入居するなら明るい角部屋が理想ですが、それにこだわるべきかどうかは入居者の性格次第です。

アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります
Hot Entry
アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります

アパートにおける角部屋の魅力について

アパートに入居する場合は出来るなら角部屋を選びたいものです。角部屋というのは日当たりが良いのが普通だし、そのおかげで光熱費の節約も出来るものです。また部屋の壁の半分は向こう側に誰もいないのだから、騒音という意味でも安心できる部分が大きいわけです。もちろん自分が音を出す意味でもそうだし、うるさい隣人がいないという意味でも安心です。このように角部屋の利点はさまざまなので出来れば入居したいのは山々ですが、常に空きがあるとは限らないのがつらいところです。そんな時入居を優先して真ん中あたりの部屋でも決めてしまうか、あるいは別のアパートを探すのかは各人の判断にゆだねられるわけです。

ところでそこで悩んでいるなら自分の性格をきちんと把握してから結論を出すべきです。アパートのような集合住宅は多かれ少なかれ互いに迷惑を掛け合うのが普通です。それを許容できるというなら角部屋をあきらめても構わないし、日常生活で大きなトラブルに巻き込まれることもないでしょう。一方で互いの迷惑をどうしても許容できないというなら角部屋が見つかるまでは入居をやめるべきだし、それが自分のためにもなるでしょう。自分の性格を考えずに安易に妥協すれば後で後悔することにもなるのだから、こだわるべき所はとことんこだわらなければなりません。