アパートとマンションに本質的な違いはなく、部屋を選ぶときには設備と賃料のバランスで判断することが重要です。

アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります
Hot Entry
アパート経営における退去者を減らす簡単な方法があります

アパートとマンションのどちらを選ぶか

アパートとマンションの違いは何でしょうか。法律的に言うと、どちらも同じ集合住宅で、特に違いはありません。また一般に不動産業界では、木造や軽量鉄骨造で2階建て程度の建物をアパート、鉄骨鉄筋コンクリートの高層建築物をマンションと呼んでいます。しかし、これも便宜的なものであって、厳密なルールはありません。

マンションは耐火建築で構造も頑丈なので、災害に強いイメージがあります。また壁が厚くて遮音性に優れ、気密性が高いので冷暖房費が節約できるというメリットもあります。さらにセキュリティの面でも、オートロックがあったり管理人が常駐していたりして、しっかりしていることが多いようです。その反面、賃料や管理費などはアパートよりも高額になりがちです。また気密性が高いことは、湿気が溜まりやすくカビなどの被害を受けやすいことでもあります。

アパートは耐火性・遮音性・気密性などの点でマンションより劣ると思われがちですが、建築方法次第では高性能な建物を造ることができます。一般に賃料が安めであることはアパートのメリットですが、新築の高級アパートは古いマンションより高額の場合もあります。要はアパートかマンションかよりも、設備と賃料のバランスで判断することが重要です。

関連情報